土地に関すること

積み木

戸建住宅を手に入れる場合、どんな土地に家を建てるのか悩みます。住みたい場所の土地を購入する方法、土地を購入せずに借りる方法があります。そんな借りる土地のことを借地と言います。借地は、土地を借りている人に賃料を支払います。借地のメリットは、土地にかかる固定資産税を払わなくて良いことです。また、土地を購入するよりも安くその場所に家を建てることができるのです。そんな借地について、様々な相談を受けてくれる場所の一つに不動産屋があります。不動産を利用する時には、相談内容はどのようなものがあるかを把握しておくことが大切です。まず、土地を借りていた人、貸していた人の変更などの相談があります。また、家を建てる際、増築など土地の保有者の許可が必要となってきます。その許可を取らないで家を増築したりしてますトラブルになるケースもあります。そして、借主が急に出て欲しいと言われることもあります。様々なトラブルや相談があります。借地相談の仕組みとして、まず、不動産屋にそういった、相談やトラブルに関して仲介に入ってもらいます。相談内容によっては、法律に基づき対応してくれます。相談だけ無料で対応してくれるところもあります。そして、しっかりと、どのように対応したら良いのかアドバイスをもらう必要があります。借地の場合、土地に関する法律は、一般の人では、なかなかわかりにくいものです。しっかりと専門家に相談することが大切になります。